クインテットでの働き方や考え方

メディア企画部 キャリア・中途採用

クインテットへ入社して感じたこと

私は、2016年8月末に中途採用でクインテットへ入社しました。
前職では10年ほど化粧品会社に勤務しており、4年間のサロン業務でお客様へのスキンカウンセリング・商品販売等の接客業務を行ったのち本社へ異動。
異動後は、ドクターズコスメ・インナービューティケア商品の販売促進及び広告宣伝活動の一環として各種イベント出展をメイン業務としていましたが、企業向けセミナーの企画運営等も行っていました。
美容の世界からなぜ異業種へ転職したのか、またクインテットへ入社して感じたことを私なりにまとめたので、少しでも読んでくれる方の参考になれば嬉しいです。

転職を考えたきっかけ

美容業界で働いていた10年間で、市場の流れは大きく変わりました。
私が業界へ入った当初は、消費者が直接自分の目で見て・肌で感じ・詳細を聞くことで商品の価値や効果を判断することが当たり前でした。
逆にそれが出来ない通販は信頼度の低さから、新規購入ではなく、店頭から流れてきたリピーターで売上を確保していたように思います。

しかし、法律や制度の改正により、店頭で伝えられる事が制限されるようになったことで、より多くの情報を求める消費者はWEB(情報サイト)に流れていきました。
それによって、店舗やイベントへの集客は年々苦しくなり、WEBに流れた消費者をいかに店頭に戻せるか、またWEBでのブランドPRをどう強化していくかという大きな課題を抱えましたが、私自身そのスキルを持っていなかった為、苦戦続きで日々悩みが絶えなかったです。

しかし、出来ないことを出来ないままにしておくことが嫌いな性格なので、今まで習得してきた美容関連のスキルを活かしつつ、WEB集客について1から勉強したいと思い転職を決意しました。

クインテットへ入社して

前職は1000名以上の社員が在籍していた為、役割が細分化されており、自分の業務以外は把握していない事も多かったですし、席ごとがパーテーションで区切られていたので顔を合わせたことのない社員もいたと思います。
クインテットは社員50名前後で、区切りのないオープンオフィスなのでアットホームな雰囲気があり、最初はその中に入っていけるか不安でしたが、あたたかく迎えて頂き嬉しかったです。

私が配属された女美会編集部は、当初社員2名とインターン生数名でサイトの運営を行っていました。
少人数で業務分担している為、1人1人が受け持つ案件が多いのにも関わらず、計画的に卒なくこなしている姿を見て、感心したのを覚えています。
企画・取材・撮影・ライティング・リリースなど、普通の企業なら数名で行う作業ですが、当社ではその全てに携わることが出来るので、サイト運営等が未経験でも、勉強しながら成長していける環境であるというところが最大の魅力です。

また、正社員・アルバイト社員・インターン生問わず、全スタッフの意見を同等に聞いて、取り入れていくスタンスをとっているので、誰にでもチャンスがあります。
その反面、上手くいかないことがあった時には、反省点を洗いだしつつ改善策を模索し、自ら軌道修正していくバイタリティも必要です。

しかし、相談すれば必ず誰もが一緒に悩み・手助けしてくれるので、挫けることはありません。
女美会は社長直下ということもあり、時には社長が相談にのってくれることもありますよ!
社長自ら女美会に関わる商談や交渉を行う姿を最初に見た時は驚きましたが、「女美会を大きなブランドに育て上げる」という熱意を間近で感じることができ、モチベーションも上がります。

なお、今現在私のメイン業務は、商品企画です。
女美会オリジナルアイテムを作り、サイト内で商品をPRすることで「女美会メンバーから商品のファンを拡大」すること。また、外部で商品をPRしていくことで「商品から女美会のファンを拡大」していくことを目標にしています。
女美会サイト自体、立ち上げてから間もないので、自社の力だけでは、まだまだ大きな展開が出来ません。
その為、他企業と良い関係性を築くことがとても重要になってきます。
あらゆる方向に目を向け業種問わず接点を見出し、コラボ企画を実現・成功させていくことで、女美会を一流サイト(ブランド)として発展させていくことを目指します。

クインテットへの就職・転職をお考えの方へ

少人数の企業だからこそ社員同士の距離が近く、わからない事や不安に思うことがあった時に相談しやすい環境です。
積極的に新卒採用を行っているので、どの部署も20代のメンバーが戦力となって業務に取り組んでいます。また、部署関係なく社内で開催している様々な研修に参加できるのも仕事ではありますが楽しみのひとつです。

しかし、新卒入社が多い分、自社の枠にとらわれてしまうケースも少なからずあると思うので、他の企業でキャリアを積んだ30代以降のスタッフが良い刺激を与えていくことも必要だと思います。
新卒の方も中途の方も、私達と一緒にクインテットの更なる成長を目指していきましょう!


この記事を書いた人