エンジニアの仕事って?~部門長編~

エンジニアの仕事って?~部門長編~

制作開発部 新卒採用 キャリア・中途採用

開発部の業務について

https___www.pakutaso.com_shared_img_thumb_PAK86_codeing20140517.jpg

開発部は、自社で企画・運営するWEBメディア事業および、WEBマーケティング支援事業それぞれについての開発業務を担っています。

具体的には、『美容医療の口コミ広場』『女美会』などを始めとする自社運営のWEBサービスの機能追加、改修、リニューアルに伴い、仕様調整/モデリング/DB設計/インフラ設計/インフラ構築/プログラミング/コードレビュー/リファクタリング/テストなどを一気通貫で行っています。

また、上記のような一連のチーム開発に対しての生産性向上、およびそれに伴うサービス品質向上を目的とした取り組み(Developer Productivity)も重要な業務です。

Developer Productivityの事例としては、CI環境の構築、障害検知、インフラのコード化、パフォーマンス監視やログ監視など、サービスの開発、運営に対する生産性や品質を高める施策を様々な視点から取り組んでいます。

また開発業務に限らず、エンジニアの能力や知見を活かすことで効率化できるタスクが社内には多く存在しますので、そういった社内の改善可能な点を見つけて改善していくことも重要な役割です。

クインテットのエンジニアとして働く魅力とは?

クインテットでは、多くのユーザーを持つBtoCサービスを複数展開しており、それらの企画から開発・運営までがすべて自社内で行われるため、ユーザーの反応をダイレクトに把握できる環境でサービス開発に取り組むことができますし、そのように自分たちの仕事が目に見える形で結果に反映されるので、エンジニアとしての取り組みが、直接的にサービスや会社の成長、ひいては自身の評価につながっていく点も魅力です。

また、上記のように、開発部として仕様調整からプログラミングまで一気通貫で担当し、それぞれのフェーズも役割を細分化することなく、各メンバーがそれぞれ多くの役割を兼任するため、エンジニアとして幅広い領域の知識、実務経験を得ることができるのも特徴です。

プロジェクトの規模次第ですが、小規模なものであれば、新規サービスの立ち上げに必要な一連の開発業務を1人ですべて担当することもあります。

社内には並行して数多くのプロジェクトが進行しており、プロジェクト毎にビジネスモデル、ステークホルダー、制約条件、求められる品質やスピード感といったものがそれぞれ異なるため、エンジニアリングだけでなく企画・ビジネスまでも強く意識した上で開発を進めることが求められます。

エンジニアを志望する方へ

キャプチャ_桐木さん_睨み2.JPG

お伝えしてきた通り、技術に興味を持ってエンジニアとしての能力向上に励むことは当然必要ですが、それ以上に、エンジニアとしての能力や知見を活かしながら、ビジネスとしての成果を追求していくことが重要です。

私が入社した当時(2011年)に比べれば、開発体制や教育体制も随分と整備されましたが、クインテットのエンジニアとして活躍するためには、世の中のトレンドやニーズ、それを満たすためのテクノロジーを常にキャッチアップし、自社のビジネスに適用していくことが必要であり、エンジニアとして考えるべき事、学ぶべきこと、実行していくべきこと、は山積みです。

このような環境にやり甲斐を感じるならば、あなたが活躍できる環境がクインテットには用意されていますので、ぜひ一緒に働きましょう。

クインテットチーフエンジニア  桐木 真也


桐木 真也 さんに関心を持たれた方へ