起業の夢から始まったエンジニアへの道

起業の夢から始まったエンジニアへの道

制作開発部 新卒採用 キャリア・中途採用

こんにちは。
2016卒エンジニアの久田直治郎です。「なおじろう」「なおじ」と呼ばれています。

今回は、自分が感じたエンジニアとしての難しさややりがい、これからの夢などを書きたいと思います。

なぜエンジニアになったか

 元々、起業して、人が笑顔になるものや、役に立つサービスを広めたいという夢がありました。
スピーディーにアイディアを形にでき、広めることができるという点でエンジニアという仕事に興味を持ち、エンジニアになることを決意しました。

 クインテットに入社した理由は、文系で未経験でもエンジニアになれること。クインテットが実現しようとしているビジョンが、自分が実現したいことと似ていたため、共感を持ち、新卒入社しました。

エンジニアとしてのやりがい

 現在の業務は、主にクライアントのサイトと自社メディアの機能の実装・改修を行っています。ベンチャーということもあり、設計から実装・スケジュール管理など、幅広い能力を求められます。
常に主体的に学ぶ姿勢が必要で、日々成長を実感しています。

900×471_hisada.jpg

これからの夢

 もっと他の人よりも早くエンジニアとして成長したいと思い、自己学習と社外の活動を通して会社で使用する技術とReactなどの新しい技術を学んでいます。
プログラミングサークルで学びながら講師を務めたり、社外の人とサービス開発をしたりという経験をしました。現在も別のサービス開発を計画中です。

 今後も、様々な人との交流で培ったことを通して、会社に貢献すると共に、より人のためになるサービスの開発をしていきたいです。